理学療法士Kのブログ

博士課程所属の大学院生兼理学療法士が日々の学びや趣味について語るブログです。理学療法の研究やツール、理学療法関連の書籍についての紹介等を行っています。

スポンサーリンク

研究には時間がかかる

前回の記事で,理学療法学会の演題登録期間が開始したと報告しました。

www.physicaltherapist-k.com

 

しかしながら,当たり前ですが,今から研究を始めて間に合うというものでもありません。個人的な印象ですが,学会発表レベルでも研究計画立案から始めてデータをとって分析していたらだいたい約1年はかかると思っていいと思います。

 

ちなみに論文まで持って行こうと思ったら,約2年は見ていくべきかと思います。もちろん事前に研究テーマや研究環境がしっかり整っている,軸となる研究テーマを持っている,ある程度の実績があるといったベースがあれば話は別ですが,1から考えるとやはり2年くらいが妥当かなと思っています。

 

理学療法の博士課程は基本的に3年間です。ちなみに論文を投稿すると,投稿から受理まで,雑誌にもよりますが,半年〜1年近くかかります。したがって,2年で研究開始〜論文作成,3年次に論文投稿,受理を目指し,受理された時点で学位審査を行うという流れになります。

 

いずれにせよ,研究を行うには時間がかかるので,もしこれから研究を始めたいという方は,来年度の学会への登録を目標にすればいいのではと思います。

 

 

スポンサーリンク