理学療法士Kのブログ

博士課程所属の大学院生兼理学療法士が日々の学びや趣味について語るブログです。理学療法の研究やツール、理学療法関連の書籍についての紹介等を行っています。

スポンサーリンク

全ての理学療法士におすすめします!定番テキスト【運動器編】

f:id:physicaltherapist-k-blog:20190131233029j:plain

前回から開始しました定番テキストですが、今回は『運動器』に関するおすすめのテキストを紹介します。運動器リハの本は関節の機能解剖やクリニカルリーズニングに関するものが多い印象です。それだけ評価が大切ということだと思います。

 

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

上肢・下肢の各関節の疼痛部位からその原因となる機能障害を判別するための理学療法における検査がフローチャート形式で書かれており、まさしくクリニカルリーズニングといった内容になっており個人的には今回紹介するテキストの中でも一押しのものです。タイトル通り評価に関する本ですので、それに対する治療戦略は他の資料が必要となりますが、運動器の機能評価に関しては現状最高峰お本だと思います。

 

運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学

上記と同じ著者のテキストです。運動器疾患の痛みや不安定性、可動域制限が起こる原因を解剖学の視点から説明している本です。どれも臨床現場でよく出会う疾患かつ疑問に思いやすい点を「なるほど」と思わせてくれる内容になっており、運動器疾患の症状を理解する助けになってくれると思います。

 

運動器疾患の機能解剖に基づく評価と解釈 上肢編・下肢編

上肢・下肢の各関節において、機能障害を判別するためにどのような試験(主に徒手的な検査法)を用いていけばよいかが非常に丁寧に書かれています。ポップなイラストも読みやすさに一役買っています。上記の「なぜ?」シリーズと並んで臨床でのクリニカルリーズニングに役立つ一冊となっています。

 

 

関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 上肢・体幹 下肢

様々な運動器疾患に対する理学療法の症例報告集といった内容になっています。スタンダードな疾患を中心にどのような対象者にどのような理学療法を提供し結果が得られたのかを比較的読みやすく書いています。また、理論的背景も書かれているため、臨床で似たような疾患の患者さんを担当した時に意外と役立つ本になっています。

 

 

リハで読むべき運動器画像

運動器疾患の評価において画像診断は必須のものです。画像診断の基礎、正常な画像、各運動器疾患の画像が、見やすくきれいに書かれています。惜しいポイントとしては、画像から姿勢や機能を評価するところまでは書かれていませんのでその部分に関しては他の資料をプラスする必要はありますが、各疾患の画像を理解するには十分な内容です。

 

整形外科理学療法の理論と技術

1997年刊行とかなり古い本です。もちろん内容もそれ相応に古いものも多いのですが、運動連鎖や全身を評価するといった考え方に関しては、当時は革新的なものであったと思いますし、今でも通用する内容だと思います。温故知新という意味でもおすすめします。

整形外科理学療法の理論と技術

整形外科理学療法の理論と技術

 

 

まとめ

今回は、『運動器』の分野で6冊のテキストを紹介させていただきました。特に前半3冊から、運動器に関しては疾患名依存の理学療法から、運動機能障害に対する理学療法へ視点が変わってきていることを感じます。もちろん後半3冊を含めてどの本も運動器に関わる理学療法士の臨床をワンランク上げるのに十分な内容だと思いますのでぜひ手に取ってみてください。

スポンサーリンク