理学療法士Kのブログ

博士課程所属の大学院生兼理学療法士が日々の学びや趣味について語るブログです。理学療法の研究やツール、理学療法関連の書籍についての紹介等を行っています。

スポンサーリンク

【レビュー】必要十分な機能を備える高コスパのドキュメントスキャナー『EPSON DS-530』

以前の記事で研修会・セミナー資料のペーパーレス化についてお話ししました。今回は僕のペーパーレス化を助けてくれるドキュメントスキャナー『EPSON DS-530』について紹介したいと思います。特にドキュメントスキャナーの大ベストセラー『ScanSnap iX500』、『ScanSnap iX1500』との比較を含めて、僕が『EPSON DS-530』を選んだ理由、使用感をレビューしたいと思います。

www.physicaltherapist-k.com

 まず、基本的な性能、仕様等に関しては商品ホームページをご参照ください。

 

ScanSnapシリーズとの比較

ドキュメントスキャナーとしては富士通のScanSnapシリーズがどちらかというと有名でよく売れていると思います。ちなみにScanSnapシリーズでは、『ScanSnap iX500』が長くフラッグシップとされてきましたが、昨年10月に6年ぶりに新型『ScanSnap iX1500』が発売されました。実際僕もかなり悩みました。悩んだポイントについては以下のようになります。 

f:id:physicaltherapist-k-blog:20190129234210j:plainf:id:physicaltherapist-k-blog:20190129234305j:plainf:id:physicaltherapist-k-blog:20190129234424j:plain

●左からDS-530, ScanSnap iX500, ScanSnap iX1500です。

デザイン

iX500 >>> DS-530 > iX1500

デザインでいえばiX500が圧倒的に好みです。唯一のブラックカラーに鋭角的な形で男性が好むビジネスっぽいデザインです。DS-530とiX1500はどちらもホワイトでややカジュアル寄りのデザインですが、iX1500の方がより丸みがあるデザインで僕はどちらかというとDS-530が好みです。

 

本体サイズ

DS-530:296×169×176mm、約3.7

iX500:292×159×168mm、約3㎏

iX1500:292×161×152mm、約3.4㎏

本体サイズはほぼ変わらないですが、若干DS-530が大きくて重いようです。まあ持ち運ぶものでもないのであまり関係は無いですが…

 

スキャン速度(片面)

①モノクロ300dpi

DS-530:35枚/

iX500:25枚/分

iX1500:30枚/分

 

②カラー200dpi

DS-530:35枚/

iX500:25枚/分

iX1500:30枚/分

※各ホームページを参照。

おそらく条件が異なるので単純比較はできませんが、標準的な画質で片面スキャンであればDS-530が最もスキャン速度が速いようです。速度に関しては最速を求めている訳ではないのでそれほど重要視はしていませんがこのような結果になりました。

 

原稿容量

一度にセットできる用紙の枚数は全機種ともA4用紙50枚で差はありませんでした。

 

原稿サイズ

スキャン可能な原稿サイズは全機種とも名刺サイズ~A3まで可能と差はありませんでした。

 

Wi-Fi接続

iX500、iX1500ともにWi-Fi接続が可能です。DS-530のみUSBケーブルによる有線接続です。

 

価格(2019/1/29現在Amazon調べ)

DS-530:29,331円(お得祭り2019モデル)、31,139円(通常モデル)

iX500:41,280円

iX1500:45,194円

上記の通り、価格はDS-530が最も安いという結果になりました。

 

その他特徴

iX500、DS-530は物理ボタンですが、iX1500はタッチパネルとなっています。その他ソフトウェアに関しては各機ともスキャンから仕分け、メール、クラウドへの転送など一通り可能なようですが、読み取り設定から編集、管理までできるソフト『ScanSnap Home』はエプソンと比較して高い機能を有しているようです。ちなみにiX500が1機種1ライセンスに対してiX1500は1機種4ライセンスまで可能となっています。

 

僕がDS-530を選んだ理由

一番の理由は価格です。上記比較を見てみると、3機種ともにスキャナー単体としての機能はほとんど変わらないことが分かります。あえて言うならばデザインが圧倒的に優れているiX500はかなり魅力的でしたが、1万円の差をひっくり返すほどではありませんでした。Wi-Fi接続に関しては、元々僕自身が無線接続をあまり信用していないこともあり(以前無線接続のプリンターでめちゃくちゃ長い待機時間を経験しました…)、買う理由にはなりませんでした。

 

簡単な使用感

ありきたりな感想で申し訳ありませんが、資料をスキャンしてぺーパーレス化を図るという目的においては十分に力を発揮してくれています。自分の中で『最低限スキャンされた画像が斜めになっておらず、iPadで読むのに問題ないくらいの画質のPDFができれば』くらいに思っていたのでやや甘い評価かもしれません。最大で1度に50枚までスキャンできるので、セミナー資料をスキャンするには十分ですし、速度も問題なし、画像も今のところ斜めになっていないようなので僕の用途としては大満足のスキャナーでした。

 

 

 

スポンサーリンク